“恋愛アドバイザー” りっきーの「好かれる為の理念」とは??

りっきー
りっきー
恋愛アドバイザーのりっきーです。

誰もが自信を持って女性と接することができるようになる恋愛の秘策を公開しています。

 

ここでは、恋愛が超苦手で出会いがない・彼女ができない男性を、「女性に好かれ・彼女ができる男」に進化させてきた僕の、“女性に好かれるためのシンプルな理念” についてお話していきます。

 

…その前に、「あんた一体何者なの??」となると思うので、少し自己紹介します。

 

僕は「恋愛アドバイザー」として活動しています。

恋愛アドバイザーとは、

  • 彼女が欲しくてもできない。

  • 出会いがない。

  • お付き合いが上手くいかない。

など、恋愛に関わる色々な悩みを解決できる人のことです。

 

「人に教えるってことは、あなたは恋愛経験が豊富なんですよね??」

という質問が浮かぶと思います。

 

その通りです。

僕は今までの人生、女性関係で死ぬほど大変な経験を積んできました。

 

本当はあまり話したくないような地獄のような経験です。

しかし、その地獄で苦しみ、耐え、必死で戦って切り抜けてきた経験があるからこそ、恋愛に悩んでいる人達の悩みを解決するアドバイスをすることができます。

 

この経験を共有することで、このサイトの内容や、女性に好かれる為のシンプルな理念がより深く理解できるようになると思いますので、少し僕の人生についてお話させて頂きます。

 

全くモテなかった少年期〜学生時代

 

今は恋愛アドバイザーという、いかにも恋愛が得意そうな立場にいる僕ですが、実は社会人になるまでは全くモテない。むしろ女性が超苦手の男でした。

 

  • 女の子に話しかけるなんてどうしたらいいか分からん…何話しゃいいんだ…

  • 女の子に触ってみたいけど、そんなヤバいことできん…

  • 女の子に話しかけられただけで緊張で汗ばむ…そんな大した話しでもないのに…

  • 彼女がいる友達が死ぬほど羨ましい…

 

好きなことはアニメとマンガとゲーム。

それも休みの日は1日中家に篭ってる…

恋愛アドバイザーになった今でも変わらずアニメ・マンガ・ゲームは愛していますが、当時は本当に根暗で無口で学校の中でも最下層にいる、典型的な “隠キャラ” というやつでした…

 

「俺には二度と恋愛するチャンスはない!」と焦って結婚してしまった。

 

人生唯一の学生時代が終わり、社会人になりました。

隠キャラで全く恋愛できない。

それでも女の子には壮絶絶大に興味だらけだった僕は、

「いい加減普通に恋愛できるようになりたい!!」

という、一丁前の思いだけは持っていました。

 

なので、全力の社会人デビューを決め、好き女性ができました。

そして、もう緊張で死んでしまうのではないかというくらい迫真の思いで告白して、やっとまともに女性と付き合うことができました。

 

しかし、交際もそれなりに上手くいって楽しんでいたとき、僕の頭の中にはとある不安がよぎってしまったのです。

 

こんなカッコ良くもない僕が女の子と付き合うことができたのは奇跡だ。

こんな奇跡は、今後の人生で二度と起こることはないだろう。

もし別れたらもう二度と恋愛なんてできる気がしない。

「もし、この先この子と別れてしまったら、俺もう二度と女の子と付き合えないんじゃね??」

 

そうだよな…俺にもう一度女の子と付き合うチャンスなんてこの先あるわけがない。

ということは、今付き合ってるこの子と別れたら、生涯独身確定…??

 

女の子にロクに話しかけられないのに、学生時代から結婚願望だけ滅茶苦茶強かった僕は、

「人生最後のこのチャンス。逃すわけにはいかん!!」

と思ってしまったのです。

 

そして、僕はとにかく別れないように細心の注意を払いながら交際を続け、めちゃくちゃ緊張したけど、突っ走るようにプロポーズ!

そして結婚してしまいました。

しかし、この決断が僕を後々、後悔と反省の連続に陥れるとはこの時は思ってもみませんでした…

 

結婚生活は順調!ではなかった…

 

結婚生活を始めてから1年ほどは、新婚ということもあり幸せに過ごすことができました。

 

子宝にも恵まれ、教科書通りの幸せの人生。

まさに学生時代から思い描いた通りの生活でした。

 

「よっし!これで人生の勝ち組!俺って幸せ!」

そう思っていました。

 

しかし、そんな幸せの真っ只中、僕の結婚ライフにはいつの間にか暗雲が立ち込めてきました。

 

いつの間にか、僕たちの夫婦関係は悪化してしまっていたのです…

 

幸せの絶頂とも言えた結婚生活は、少しずつ、少しずつ、確実に谷底の方へ向かっていってしまったのです…

 

夫婦関係が悪くなった原因はいろいろとあります。

  • 育児が忙しいことによる妻のストレス。

  • 僕の仕事が忙しかったことによる家庭内でのすれ違い。

  • たび重なる性格・価値観・趣味の不一致。

これらの原因を抱えながらの夫婦生活は、徐々に険悪になっていきました。

 

そして、とうとう妻の方から、「離婚」を匂わせるようになってきたのです。

 

いやいやいやチョット待って!流石に離婚はマズいでしょ!

 

夫婦の仲は悪くなっていたけど、僕の方が改善しなきゃいけないところもある。

絶対に離婚なんてしたくない。

仕事は忙しいけど、もっと頑張らないと!

 

ここから僕の女性を喜ばせるための修行の日々が始まったのです。

 

どうやったら妻が喜ぶか。機嫌良く保つことができるか。怒らせない為にはどうしたらいいか。

 

今まであまり考えてこなかった、「女の生態」を研究し続ける日々が始まったのです。

 

女性が喜ぶ基本的な扱い。

女性が喜びそうなプレゼント。

家事の仕方。

 

ありとあらゆることを考えに考え、実行しました。

それでも失敗して妻を怒らせる時もありました。

 

怒らせてしまったときは、何がダメだったのか、徹底的に分析しました。

手際が悪かったのか。好みを外してしまったのか。デリカシーがなかったのか。

なぜダメだったのかを考えて二度と同じようなミスをしないようにしました。

 

苦しくて嫌になるほど女性のことを考える。

 

今思えばこの日々が僕の恋愛力を底上げしてくれた修行の日々だったのです。

 

頑張った甲斐があって夫婦関係は持ち直しました。

しかし、結婚とは、夫婦とは、普通のカップルよりも何倍も難しいものです。

 

夫婦仲は良くなりましたが、妻の親族と僕の関係が悪く目の敵にされたり、僕の病気で妻が精神的に参ってしまったり…

いろいろなところから家庭にヒビが入り、とうとう離婚を決断するに至ってしまいました。

 

こうして僕は、結婚という幸せの絶頂から離婚という人生のドン底へ突き落とされてしまったのです。

 

離婚して気付いた。信じられないくらいの恋愛力UP

 

離婚したのは滅茶苦茶ショックでした。

もう立ち直れないくらい。

 

このまま一生ドン底で生きていくんだ…

と思ってしまうほどネガティブに満ちた日々を暫く送っていました。

 

しかし、月日が流れるにつれて傷も癒え、普通の独身生活が送れるようになるまで回復しました。

 

ん?待てよ?

独身ということは、妻以外の女性と今後付き合う可能性があるということ。

 

でも、そんな離婚した僕に恋愛なんて無理無理!

しばらくは1人で生きていこう…

と思っていました。

 

しかし、そんな人生を送っているうちに僕は異変に気がつきました。

 

あれ?気のせいか俺めっちゃモテてないか??

 

結婚するまでマンガとゲームしかしておらず全力の陰キャラだった僕が、離婚してから異常にモテるようになったのです。

 

なんと、僕は結婚生活で妻を喜ばせる為に、怒らせない為に、悪戦苦闘していた日々で、とんでもなく恋愛力がUP。

女性に好かれやすい行動ができる人間になっていました。

 

まるで精神と時の部屋から出たときの、ケタ違いにパワーが上がっているあの感じです。

 

妻と喜ばせようと徹底的に研究して身につけた立ち振る舞いで、自然に女性に好かれることができるようになっていました。

 

第2の人生。恋愛しまくって恋愛力を磨いた。

 

離婚してから人生初めてのモテを経験した僕は、もう一度ちゃんと恋愛をしてみようと女性と付き合いました。

 

結婚する前の僕では絶対にできませんでしたが、初めて女性を口説いたりしてみました。

可愛いと思って付き合った女の子が実は魔性の浮気女で修羅場に巻き込まれたこともありました。

「自分じゃ絶対に無理!!」と思ってしまうような美人とも付き合うことができました。

 

こうして、僕はいろいろな女性と付き合い、いろんな恋愛の経験を積むことができました。

 

他人の恋愛の悩みを余裕で解決できるようになってしまった。

 

結婚・出産・子育て・夫婦の修羅場・離婚・浮気女との格闘などなど、ここまでの人生で酸いも甘いも、いろいろなことを経験してきました。

そうすると、なんだか友達の恋愛の悩みがとんでもなく小さく見えてしまうときがありました。

 

そこで僕は、初めて友達の恋愛相談に乗ったのです。

初めてのった相談は、「彼女と喧嘩して今度こそ別れそう…」という悩みでした。

 

いつも彼女から謝ってもらい、なんとか付き合ってこれたけど、今度ばかりは彼女の様子がおかしい。

今度こそヤバいかもしれない

でも別れたくはない。

どうしよう….なんと言って謝っていいのか分からない…

という相談でした。

 

しかし、家庭内の修羅場を経験した僕にとってはこのくらい朝飯前の相談です。

それは丁度夏の暑い時期だったので、

「彼女の好きなアイス3つくらい買って渡すだけでいいよ。言葉に出すのが無理なら何も言わなくていいから。手ぶらで一生懸命謝るよりもそっちのが100%良い。」

これが僕が人生で最初にした恋愛アドバイスでした。

 

このアドバイスを聞いた友達に、すぐさまコンビニでアイスを3つ買わせ、そのまま謝りに行かせました。

そうしたら、すぐ彼から連絡きました。

「やったよー…機嫌最悪だった彼女がアイス渡したら笑ってくれて、すんなり仲直りできた!マジありがとう!」

 

恋愛のアドバイスをして初めて感謝された。

「こんな僕でも役に立てることがあるのか….!」

これが僕にはとても嬉しい体験だったのです。

 

それから僕はいろんな人に恋愛のアドバイスをするようになりました。

  • 好きな女性と付き合いたい…

  • 出会いがない…

  • 彼女と仲直りしたい…

  • 好きな女の子に誕生日プレゼントをあげたいけど何がいいかな?

  • 彼女の両親に会うんだけど、どうしたらいいのか全く分からない!

真剣な悩みから、笑っちゃうようなくだらない悩みまで、真剣に考えていろいろなアドバイスをしました。

 

アドバイスしたときに相手が安心してホッとする顔が好きで。

告白が成功したときの幸せそうな顔を見るのが好きで。

そんな瞬間がたまらなく好きで、気が付いたら僕はプロの恋愛アドバイザーになっていました。

 

女性に好かれる為の理念について

 

僕が最もよく相談に乗っているのが「彼女が欲しい」という悩みです。

モテたい!

彼女が欲しい!

そんな人に向けて僕が一番最初にするアドバイス。

女性に好かれる為の理念をお話しようと思います。

 

出会いがないのに彼女を作るなんて無理に決まってるんですよ。

「彼女が欲しいです!」

「可愛い子と付き合いたい!」

 

僕:「へ〜いいね!じゃあ今好きな女の子はいるの??」

 

「それが女の子との出会いがなかなかなくて…」

 

嘘みたいなホントの話ですが、「彼女が欲しい!」という悩みを持っている人の8割は普段の生活で女性との出会いがないという状況なんです。

 

女性に好かれたいのに、女性との出会いがない。

これでは女性に好かれる以前の問題です。

 

出会いがないなら行動しないとダメなんですよ。

いやほんとに。

空から彼女が降ってくるのを待っていたらラピュタのロボットに地球が焼かれてしまいます。

 

友達の紹介、合コン、曲がり角での正面衝突。

なんでもいいからとにかく出会うことが大切。

 

出会いがないなら、僕の知り合いの女性を紹介できれば一番いいのですが、それだと限界があります。

 

だから、普段の生活に出会いがなくても、何も人脈がなくても、今の時代で出会いを求めるのに一番良いのがマッチングアプリです。

 

いやマッチングアプリってマジで革命ですよ。

 

昔だったら、必死で合コンして、

「うわー可愛くねーハズレ引いたー帰りてー1万円サイナラーーーーー」

だったのが…

家のお布団で寝ながら好みの女性を探せる時代が来たのです。

 

今まで見知らぬ女性と知り合うなら、海や街中でナンパをするのが当たり前でした。

でも、出会いを街中でいきなりナンパするのは結構怖い…

声を掛けても嫌な顔されて逃げられる…

100人声掛けて1人お茶できれば上出来という根性戦法でした。

 

でも、今なら見知らぬ女性と出会いたかったら、マッチングアプリを通すだけで楽々ご飯に行けちゃうし、お酒だって一緒に飲めちゃいます。

 

見知らぬ女性といきなり知り合え、しかも怪しまれない。

これがマッチングアプリの本当の凄いところです。

 

会社で出会いがなくても。学校で出会いがなくても。合コンをセッティングできなくても。

アプリで探せば好みの女の子と出会えて、ご飯に行ける。

 

これはインターネットが恋愛界にもたらした大きな革命です。

 

最近はネットの世界もルールが厳しくなっており、セキュリティやサクラなどの問題もなく、真面目でホワイトなマッチングアプリが増えているのも嬉しいです。

 

「出会いがない!」という前に、マッチングアプリでササっと1人出会って、ご飯にでもいってこい!

というのが僕のアドバイスです。

 

しかし、そんなマッチングアプリの残念なところは、せっかく便利なのに、いろんなアプリがたくさんあり過ぎて、どれを使ったらいいかよく分からないことです。

 

ニーズごとに様々なマッチングアプリで溢れかえっています。

  • 綺麗で美人で落ち着いた彼女が欲しいの?

  • 若くて元気な彼女が欲しいの?

  • 結婚したいの?

  • ただ女の子と遊びたいの?

世の中には本当にたくさんのマッチングアプリがあり、その目的や特徴は1つ1つ違います。

しかし、それらがぐちゃぐちゃになっていたら、誰がどのアプリを利用すれば良いのか、全く分かりません。

 

だから、誰でも目的に合わせて最適なアプリが選べるように、マッチングアプリ検索機能を作りました。

 

ニーズに合わせて検索でき、30種類以上のあなたに最適なマッチングアプリをスペックを比較しながら探すことができる優れものです。

 

 

 

努力せずに見た目を整えない男は絶対にモテない。

 

ハッキリ言います。

モテる為には見た目が大事です。

 

僕は学生時代は、下の図のAタイプでした。

思春期特有の脂べったりニキビ肌で、運動が苦手で逃げていたので普通にデブでした。

 

しかし、顔のパーツが変えられなくても、工夫次第でBの方の爽やかな印象に変わることはできます。

僕は、髪型も、服装も、ニキビも、たるんだ腹も全て改善しました、

 

恋愛力を上げるために一番に整えなければならないのは、間違いなく見た目の清潔感です。

 

人は見た目で嫌悪感を感じられたら終わりです。

その人が神のような素晴らしい人間性を持っていても、ヒゲ面のデブのハゲだったら嫌悪感のオンパレードで、人間性以前の問題です。

 

最低限の見た目をクリアしていなければ、心を通わすことすらできないのです。

 

清潔感に必要な要素は

  • 髪型が整っていること。

  • 服装がしっかりしていること。

  • 眉毛・鼻毛などムダ毛の処理がしてあること。

  • 太っていないこと。

  • ニキビなどがなく、肌がきれいであること。

  • 体から臭い匂いがしないこと

これが清潔感に必要な要素です。

これができて初めて女性と心を通わせてもらうことができます。

 

今思えば、学生時代の根暗陰キャラの僕は最悪でした。

よく分からないダサい服装に、ワックスも使っていない普通の髪型、おまけにニキビ面のデブ。

冷静に考えて話すのも嫌でしょう。

仲良くするなんてもってのほか。

 

それが、少し興味を持って見た目を改善してみるだけで、女性からの反応は驚くほど変わります。

今まで女性と話もできなかったのが、少しだけ話しかけて貰えるようになり、こちらも話かけることができるようになる。

そこで初めて自分のことを知ってもらい、気の合う女性を見つけることができたのです。

 

女性に好かれたい全人類の男は、間違いなくこのステップを踏まなければ、女性に好かれることはできません。

 

しかし、清潔感を整えることは、初心者にはハードルが高すぎて挫折して諦めてしまうのが今までの流れでした。

それでは今までのダメな恋愛人生から何も変わることはありません。

 

それを防ぐ為に僕ができることは、清潔感を整えるステップを簡単にできるようにすることでした。

 

その為に僕はこんな機能を作りました。

モテる男がやっている清潔感を整える方法を一覧にして、驚くほど簡単に揃えられるようにしました。

もちろん清潔感を整えるための基本の流れは簡単にできるようになっています。

さらに、悩み別にあなたにあった方法を検索したり、比較できる機能もついているので、あなたに必要な方法を簡単に知り、試すことができます。

 

 

 

女性を喜ばせたいなら女心を学ぶことが基本中の基本。

 

敵を攻め落とすには、いかに敵のことを知るかが最大の鍵です。

恋愛の敵=女性を攻め落とすには、女性の思考パターンを知り、頭に入れておくことが重要です。

それすなわち、女心を学ぶことです。

 

  • 女性が何をされたら嬉しいのか。

  • 何をされたら嫌なのか。

  • どんなものが好きなのか。

 

これを理解できていれば女性に好かれる振る舞いをするのがめちゃくちゃ簡単になります。

 

女心を本当に理解できている男性はかなり少ないです。

だから、女心を分かっているだけで他の男の人に大きな差をつけることができます。

 

女性に好かれる為の女心を学ぶには、数学の公式を覚えるように女性の思考パターンを覚えていくしかありません。

そのパターンはこちらの記事で紹介しています。↓↓↓

 

僕がこのサイトで大切にしていること。

 

僕がこのサイトで大切にしたいのは、このサイトで学んだことを実際にやってみて、そして成功してもらうことです。

 

世の中には、恋愛が苦手な男性がたくさんいます。

彼女が欲しいのに、出会いがない。

どうしていいのか分からない。

そして、諦めてしまっている人がたくさんいます。

 

残念ながら恋愛は学校では教えてくれません。

どんなに頭が良くても、どんなに難しい勉強ができても、恋愛が分からない。できないという人はたくさんいます。

 

日本は恋愛を教えてくれる人が少な過ぎる。

生まれてくる全ての男は、初めての四苦八苦しながら手探りで女性と向き合い、恋愛を成功させなければいけません。

この状況って冷静に考えてハードルが高過ぎると思うんです。

 

加えて、今の時代はお見合いという制度がなくなりつつあります。

むかしは真面目で恋愛にトンチンカンな男性でも、家族ぐるみのお見合いで結婚相手の女性を強制的に見つけることができました。

全く自由のない、強制マッチングサービスです。

だから恋愛が苦手でも、家族からのゴリ押しでなんとか結婚することができ、家族を持つことができた。

しかし、今の時代はどうでしょう。

恋愛力のない男性は彼女ができないのはもちろん、結婚することが難しい時代になっています。

そりゃ少子化も進むわ!!

 

でも、生まれてから死ぬまで一度も恋愛したいと思ったことはない。

女性に全く興味がない。という男性は1人もいないと思います。

 

男なら、誰もが一度は女性に興味が湧き、恋愛したいと思うでしょう。

そんなときに、どうしたらいいのか教えてくれる。

勇気を与えて、そっと背中を押してくれる存在が必要です。

 

僕はその背中を押す存在になりたい。

 

僕は恋愛がめっちゃ好きです。大好きです。

自分が恋愛をするのも好きだし、人の恋愛が恋愛しているところを見るのも好きです。

恋愛小説も、恋愛漫画も、恋愛アニメも滅茶苦茶好きです。

 

だから、僕は、男なら誰でも恋愛を楽しんで欲しい。

恋愛したいと思う人に、自信を持ってもらい、少しでも行動して欲しい。

女性と触れ合って、幸せになることを知ってほしい。

そのきっかけを作ってあげたい。

 

その為に必要なたくさんの知恵を授けること。

勇気と自信を与えること。

それがこのサイト「男の恋知恵袋」に込めた願いです。

 

このサイトが多くの人の恋愛に自信を付けて、行動を始めるきっかけになれば僕にとってこんなに嬉しいことはありません。

 

ぜひ恋愛に役立つ知恵をこのサイトからたっぷり盗んでいって下さい。

 

男の恋知恵袋管理人 恋愛アドバイザー りっきー 

 

 

あなたを好きになってくれる女性の探し方

 

マッチングアプリなら、日常生活では絶対に味わえない、あなただけの素敵な出会いを掴むことができます。

 

 

「清潔感」に無頓着すぎて女性に嫌われた...

 

しっかり清潔感を整えれば、女性からの印象が良くなり、好かれ、人生が変わります。